パリでファッションウィーク開幕、初日「アンリアレイジ」はARを取り入れた服を発表

写真拡大

 パリでファッションウィークが開幕し、初日の9月27日にデザイナー森永邦彦が手がける「アンリアレイジ(ANREALAGE)」が2017年春夏コレクション「SILENCE」を発表した。ARの技術を用いて、現実にはない「服の声」を拡張現実(AR)によって視覚と聴覚に訴えかけ、ブランドコンセプトでもある日常と非日常が交錯する世界を表現。サウンドディレクションはサカナクションの山口一郎、ショーに使われた専用アプリはAR三兄弟の川田十夢が開発を担当した。 「アンリアレイジ」がARを取り入れた服を発表の画像を拡大

 静寂がテーマのショーは音のない暗闇からスタートし、白と黒のマスクをつけた沈黙のモデルが登場した。ワッペンや花柄、そして「WHISPER OF THE HEART(=耳をすませば)」のメッセージなど、意味のあるものを全て黒のボーダーで消したプリントや刺繍が特徴で、プラパーツで結合している構造のアイテムはシルエットを自由に変えることができる。前見頃はセットインのブルゾンやジャケットだが、後ろ見頃はケープのようになっている特殊なパターンも取り入れた。後半は、AR機能を持った服がランウェイに設置されたiPadの前に登場。シルエットをブラックラインで消したドレスは、専用アプリを通して見ると、服のデザインに反応して拡張現実(AR)上に風景柄が現れ、同時にサウンドが鳴る仕組み。ブラックラインで消された無数の刺繍やワッペンも同様の働きを持ち、全て異なるサウンドが用意され、それらが響き合うようになっているという。終盤は、「VOICE」など音にまつわるワードと声が拡張現実上に出現。フィナーレにはサカナクションの「ユリイカ」をピアノと女性ボーカルでカバーした楽曲が流れ、沈黙を破ってマスクを外したモデルが歩いた。 シューズは「asics(アシックス)」と「アンリアレイジ」のコラボレーションスニーカーで、2009年発売の「モンテポカラ(MONTE POKHARA)」がベースとなった。服と同様にAR機能を持ったモデルも用意され、10月に配信されるコレクション専用アプリを通じてユーザーもARとサウンドを体験することができるという。■ANREALAGE 2017年春夏コレクション「SILENCE」:全ルック