京急が翻訳機「メガホンヤク」試験導入へ

写真拡大

京浜急行は10月1日から、パナソニックが開発を進めているメガホン型多言語翻訳機「メガホンヤク」の実証実験のため、首都圏の鉄道駅で初めて試験導入を行う。場所は羽田空港国際線ターミナル駅構内で、期間は10月7日まで。

「メガホンヤク」は、日本語で話した言葉を複数の外国語に翻訳し、メガホンと拡声を行う翻訳機。業務で頻繁に使用する文章をあらかじめ登録しておくことによって、高精度な音声翻訳を実現するほか、またボタンでもすぐに選択できるようになっている。

今回の実験は、災害時などに羽田空港や駅にいる外国人客に向けた円滑な案内・誘導を行う上で、メガホン型多言語翻訳機の有用性を検証するのが目的。実証実験の結果をふまえ、羽田空港国際線ターミナル駅への正式導入を検討する。