<日本女子オープンゴルフ選手権競技 事前情報◇28日◇烏山城カントリークラブ 二の丸/三の丸コース(6,506ヤード・パー71)>
 2014年3勝、2015年7勝、そして今シーズンすでに4勝を挙げているものの、2013年の「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」以来公式戦の勝ち星から遠ざかっているイ・ボミ(韓国)。今季の目標の1つである“メジャー制覇”へ、先週に続き2週連続で師匠であるチョ・ボムス氏からチェックを受けた。
【関連】イ・ボミのスマイル満載!女子プロ写真館
 これまでもスポット来日し、ボミのプレーを見に来ていたボムス氏だが、2週連続でツアーに帯同するのは初めて。「先週はスイングのチェックをしてもらいたくて。今週はコースでどう攻めるか、コースでどういった球が出るかを一緒に確認して欲しかった」。ここ2試合連続で今季ワーストの19位タイ。再浮上へ、頼ったのはやはり師匠だった。
 現在のスイングの状態は師曰く「フィーリングは良い。だから、コースではバランスとタイミングだけに集中しなさい」。10年近く指導を受けてきたコーチからお墨付きをもらい、今日の練習ラウンドでは復調気配も…。「あとは良いイメージで自信を持って打つだけです」とスッキリとした表情を浮かべた。
 「今大会は1年の中でも目標の試合の1つ。メジャーは自分との勝負にかった人だけが優勝できると思うので頑張りたい」。昨季はツアー最高賞金額での賞金女王戴冠も、手にすることができなかったメジャータイトル。師匠の目の前で掴むことが何よりの恩返しだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【辻にぃ見聞】調子が悪ければ“李知姫の後ろで練習”!ショット巧者が憧れるリズム
ツアーで見つけた旬ギアネタ【ミヤギテレビ杯ダンロップ女子OP 編】
国内女子ツアー“パット巧者”の手放せないパターは?