レトロなパッケージがかわいい!薬膳料理も楽しめる富山のくすり屋さん「池田屋安兵衛商店」

写真拡大

300年以上の歴史をもつ“越中富山の薬売り”。富山市中心市街地にある「池田屋安兵衛商店」は、昔ながらの対面販売を現在も行っているお店です。古い道具を使った丸薬製造体験、薬膳ランチをいただくこともできるとあって、連日多くの観光客で賑わっています。

昭和11年創業の老舗和漢薬種問屋

富山駅からセントラムで15分。西町駅からすぐの場所に「池田屋安兵衛商店」はあります。
江戸時代から続く、富山を代表する胃腸薬「越中反魂丹」をはじめ、昔懐かしいレトロなパッケージの和漢薬、またハーブティーや薬草などが店内にずらりと並んでいます。

「池田屋安兵衛商店」では、昔ながらの「座売り」も行っています。症状や体質などをじっくり聞いてから、20数種の和漢薬と200種類を超える薬草の中から調剤する「座売り」は、江戸時代から受け継がれている販売スタイルです。自分の体と改めてじっくり向き合うことができるのが嬉しいですね。

全国でもめずらしい丸薬の製造体験ができる

「池田屋安兵衛商店」では全国でも珍しく、丸薬の製造体験ができるんですよ。
調合され、練り鉢で粘土状に練られた薬を、板を使って一気に丸めます。ころころと円を描くように板を動かし、きれいな丸形にするのはなかなかの難しさ。思わず腕に力が入ってしまいますね。

薬膳料理がいただけるカフェ「健康膳 薬都」

2階には、薬膳料理がいただけるカフェがあります。
「食を通して漢方の世界を知ってもらいたい」という思いから、薬膳の考えに基づき、社長自ら季節ごとにメニューを考案。漢方の効能たっぷりの、旬の食材を使ったランチ(要予約)やスイーツメニューをいただくことができます。
旬の地元食材を多く使ったこだわりの料理の数々。体の芯から薬膳を体感でき、一皿ごとに満足感を味わうことができますよ。

隣にはまちの駅「富山県物産館」も

隣のビルには「池田屋安兵衛商店」が運営するまちの駅「富山県物産館」があります。「ます寿司」などの名産から甘いお菓子まで、富山ならではの品が揃っていますよ。おみやげ選びに、立ち寄ってみてはいかがですか?

富山の歴史ある薬文化を肌で感じることができる「池田屋安兵衛商店」。自分の体とあらためて向き合うことができ、きっと心からの癒やしを感じる時間が過ごせますよ。富山に来たら、ぜひ訪れてみてくださいね。

ことりっぷの最新記事