サイボウズは9月28日、オーストラリアでの拡販に向け、現地で日本語生活情報ポータルの運営や訪日観光促進事業を営むJAMS.TV Pty(本社:シドニー)と提携し、新会社「kintone Australia Pty Ltd」を設立したと発表した。

「kintone Australia Pty Ltd」の資本金はA$250,000で、「kintone」のマーケティング、ライセンス販売事業等を行っていく。

サイボウズでは製品の国際化とグローバル市場への販売を進め、2011年にクラウドサービス「kintone」をリリース後、国内だけでなく中国、米国での「kintone」の展開を図っている。

また、東南アジアでは「Cybozu Asia Partnership Program」を展開し、東南アジア各国において、主として日系企業向けに活動するパートナー企業に向けた支援を展開している。

オーストラリアはクラウドサービスも広く普及しており、また働き方においても日本より柔軟であるため、同社のクラウドサービスを展開するにあたっても比較的親和性が高い市場と考えていたという。そして、現地での調査を行った結果、日系企業、現地企業のニーズも確認し、さらなる潜在需要の掘り起こし、その受け皿となる販売、サポート体制を確立すべく、現地の商習慣に精通し、強固な販売チャネルを有する地元日系PR会社、JAMS.TV Pty Ltdと提携し、「kintone Australia Pty Ltd」を設立したという。

(丸山篤)