写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ビー・エム・ダブリューは10月1日、新型「3シリーズ グラン ツーリスモ」を全国のBMW正規ディーラーで発売する。存在感を際立たせたデザインと広い室内を両立し、新世代エンジンによって環境性能も向上した。

2013年に登場した「3シリーズ グラン ツーリスモ」は、エレガントなクーペのフォルムと、快適で広々とした室内空間とラゲッジスペースを兼ね備えたモデル。新型「3シリーズ」をベースとした今回のモデルでは、BMWグループの新世代モジュラーエンジンファミリーの2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載。最高出力は184PSとハイパワーながら、JC08モード燃費15.4km/リットルという優れた燃費性能を実現した。

エクステリアでは、新世代のコロナリングデザインを採用した4灯デザインの「アダプティブLEDヘッドライト」を装備。「LEDフォグ・ランプ」や「LEDリヤ・コンビネーション・ランプ」も新たに標準装備とした。さらに「M Sport」では、専用グレー塗装の19インチアルミホイール、Mパフォーマンス・ブラック・キドニーグリルを装着する。

装備面では、歩行者検知機能付きの「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、前方の車両との車間距離を維持しながら自動的に速度制御を行う「アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)」といったドライバー支援システムを装備。複数のカメラによってクルマの周囲の情報をディスプレイに映し出す「トップ・ビュー+サイド・ビュー・カメラ」も新たに標準装備とした。

価格は「320i グラン ツーリスモ ラグジュアリー」633万円、「320i グラン ツーリスモ M Sport」639万円(ともに税込)。

(山津正明)