同姓左腕対決を制した「鷲キラー」の投球術を振り返る

写真拡大

 約1カ月後にドラフトを控えるこの時期は、現役選手の引退報道が舞い込む、もの悲しい季節にも当たる。

 今年もDeNAの三浦大輔、ロッテのサブロー、日本ハムの武田勝ら一時代を築いた名選手がフィールドに別れを告げるなか、中日の雄太もプロ11年に終止符を打った。

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題!

■「サンデー川井」で開幕11連勝の雄太が現役引退

 雄太は、筆者在住の長野県東信地方、旧・望月町(現・佐久市)の出身だ。この町から誕生したプロ野球選手は、太平洋戦争で散った選手たちを慰霊する「鎮魂の碑」に名が刻まれている渡辺静(朝日軍)以来、2人目である。

 上田西高、大東文化大、日本通運を経て2004年ドラフト4位で中日入り。プロ11年の通算成績は100試合28勝31敗、防御率3.44だった。

■川井雄太vs川井貴志。唯一実現した同姓左腕対決で持ち味を発揮

 本名の川井進を皮切りに川井雄太、雄太へ。登録名が頻繁に変わったことでも知られる技巧派左腕は、2009年に「サンデー川井」で開幕11連勝。この快投が世間一般的にはよく知られたエピソードになる。

 しかし、楽天を定点観測する筆者が真っ先に思い出すのが、2011年5月23日の好投だ。ドラゴンズのOB、星野仙一監督就任1年目の楽天をナゴヤドームに迎えての一戦で先発し、みごとに白星を挙げた。

 奇しくも楽天の先発も川井貴志。最初で最後になる「同姓のベテラン左腕対決」を制した試合だった。

 両投手ともに持ち味を発揮し、中盤まで投手戦。先手は中日が取る。ブランコの働きが光った。初回に先制打、4回にはソロホームランで2点の援護。5回を投げた楽天・川井もその2失点にまとめたが、終盤に中継ぎが崩れ、6対1で中日が勝利した。雄太は楽天打線を散発の3単打に抑えて7回途中1失点。この年の2勝目を手にした。

■真っスラを武器にゴロアウトを量産

 この試合の雄太は、ゴロに打たせて取る本領を発揮。味わい深い88球を見せた。ストレートがナチュラルにスライダー回転する「真っスラ」を武器に、スライダー、チェンジアップ、カーブを織り交ぜ、獲得した19個のアウト中、ゴロアウトは実に12個を数えた。

 1番・聖澤諒との同郷・信州人対決はゴロ凡打2本含む3打数0安打に封じてみせた。1点リードながらも先頭打者を出した4回無死一塁では、草野大輔に133キロのボールを打たせ、アライバコンビ(荒木雅博、井端弘和)の鉄壁守備網にかける6-4-3の併殺打に。

 「一発長打」を持つ4番・山粼武司には徹底したインコース攻めで悩ませて2打席連続三振。左腕対策で起用された右打ちの7番・大廣翔治にも2本のゴロ凡打と、全く仕事をさせなかった。

 以来、雄太は楽天キラーとして星野政権下の楽天を大いに苦しめた。楽天戦で通算6試合に登板。いずれも先発で負けなしの5勝。合計38回1/3を投げて対戦防御率は0.70の好成績を残したのだった。

柴川友次(しばかわ・ゆうじ)信州在住。郷里の英雄・真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドに見える、楽天応援の野球ブロガー。各種記録や指標等で楽天の魅力や特徴、現在地を定点観測するブログを2009年から運営の傍ら、有料メルマガやネットメディアにも寄稿。【関連記事】