写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ビー・エム・ダブリューは昨年10月に発売したプレミアムコンパクトSAVの第2世代モデル「X1」に、クリーンディーゼルエンジンを搭載した「X1 xDrive18d」を追加し、10月1日から販売開始する。

「X1 xDrive18d」では、BMWグループの新世代エンジンファミリーに属するクリーンディーゼルエンジンを搭載。2リットル直列4気筒のエンジンに最新のコモンレール・ダイレクト・インジェクションと可変ジオメトリー・ターボチャージャーを組み合わせ、最高出力150PSを発揮する。

トランスミッションは8速ATを採用し、エンジン・オート・スタート/ストップ機能などの環境技術も採用することで、JC08モード燃費19.6km/リットルを実現した。ディーゼルエンジンならではの力強いトルクをしっかりと路面に伝える、インテリジェント4輪駆動システム「xDrive」を搭載。俊敏性と走行安定性を高次元で融合している。

「xDrive」は、通常走行時には駆動トルクの大部分をフロントホイールに伝え、ステアリングの切れ角やホイールの回転速度などの車両データからオーバーステアやアンダーステアなどの兆候を察知すると、電子制御式多板クラッチシステムが瞬時に前後アクスルへ駆動トルクを可変配分する。

価格は「X1 xDrive18d」440万円、「X1 xDrive18d xLine」468万円、「X1 xDrive18d M Sport」486万円(すべて税込)。

(山津正明)