ウルトラマンと日本の匠のコラボ ニッポンの魅力ここに!

写真拡大

 備前焼、九谷焼、越前蒔絵(まきえ)時計。ニッポンの匠の工芸品とコラボしたのは「ウルトラマン」、あの円谷プロダクションのヒーローだ。キュレーションジャパン(東京)と円谷プロが、ウルトラマンを起用してニッポンの魅力を広く紹介する公式サイト、「ウルトラJ」をスタートさせた。

 「ウルトラマンシリーズ」のキャラクターとともに、47都道府県の地域情報の配信を行う他、日本の伝統工芸品とウルトラマンがコラボする「ものづくり」も。たとえば、ウルトラマン×「備前焼」の徳利。岡山県の作家・延原勝志氏による徳利で、江戸時代に流行した「彩色備前」の技法で、「ウルトラマン」と人気怪獣を一つひとつ手描きしている。裏面にはゴモラ・ゼットン・バルタン星人がそれぞれ描かれ、桐箱入りで税別16,500円での販売だ。

 「ウルトラマン」と石川県の伝統工芸「九谷焼」のコレボや、匠の技で仕上げた「ウルトラマン」モチーフの越前蒔絵時計もある。