スタバが手がける紅茶ブランド「ティバーナ(TEAVANA)」の日本展開が決定

写真拡大

 スターバックス コーヒー ジャパンが9月28日、紅茶ブランド「ティバーナ(TEAVANA)」の日本展開を開始することを発表した。第1弾商品として「ゆず シトラス & ティー」を10月3日に全国のスターバックス店舗で発売。ビバレッジメニューの新たな柱としてティーを加えることで、コーヒーやエスプレッソ、フラペチーノとともに「多様な体験を提供し、満足度につなげていきたい」(同社 水口貴文CEO)という。 「ティバーナ(TEAVANA)」が日本上陸の画像を拡大

 ティバーナは「TEA REIMAGINED(ティーを多彩に変えていく)」をコンセプトに掲げ、最高品質の茶葉をはじめ、様々なフレーバーやハーブ、食感などを組み合わせたビバレッジが特徴となっている。米国のスターバックス・コーポレーションは、2012年に同ブランドを買収し、2013年に販売を開始。現在は米国内の約1万1,000店舗で展開し、ティーのイノベーターとして高評価を集めてきた。 日本展開商品第1弾となる「ゆず シトラス & ティー」は、ゆずの果肉や果皮とイングリッシュブレックファストを合わせたカップに、お湯を注ぐのではなく、シトラスジュースをスチーミングして提供。ゆずとシトラスの香りをはじめ、酸味を抑えた豊かな風味や果肉の食感などを五感で味わえるティービバレッジに仕上げる。価格はShortが390円、Tallが430円、Grandeが470円、Ventiが510円で、ホットとアイスともに注文可能。また、ティバーナブランドからイングリッシュブレックファストのほか、アールグレイやミントシトラス、カモミール、ほうじ茶など5種のホットティーもそろえ、ストレートティーだけではなくティーラテとしても楽しめる。今後は茶葉の種類を増やしていく方針。ティバーナの展開に合わせて、同日から既存のティービバレッジの価格を10円高く変更する。 近年の健康志向の高まりに伴い、グローバルにおけるティーの市場は著しく成長しており、2015年には1,250億ドルの規模に到達。2017年には2013年対比で7%増が見込まれているという。日本でも1兆円弱のマーケット規模を有することから、水口貴文CEOは「アプローチの余地はある」と自信を覗かせた。日本国内のスターバックスでは現在、ブラックティーやパッションティーなどのティービバレッジがすでに提供されているが、「ティバーナは商品だけではなく、ビジュアルや装飾、エプロンなども含めた世界観を楽しんで欲しい」とコメントしている。 日本だけではなくアジア・パシフィック領域の合計14カ国に導入し、展開店舗数は6,200以上。すでにローンチしている韓国や台湾、フィリピンでは好評だといい、スターバックス・コーポレーション アジアパシフィック Beverage Innovation Directorのサンディア・バラールは「現代に相応しいティーの文化をつくりあげ、イノベーティブでユニークな商品を提供していきたい」と意欲を示した。>> 【インタビュー】"コーヒーだけではない"スターバックス役員が語る上陸20年の戦略