写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ビー・エム・ダブリューは10月1日、大幅な航続距離の延長を実現した電気自動車「i3」の新型モデルを全国のBMW i販売店で販売開始する。レンジ・エクステンダー装備モデルでは、東京〜大阪間に相当する500km超の航続距離を実現している。

「i3」はBMWのサブ・ブランド「BMW i」の電気自動車として、2014年4月に販売を開始した。量産車として初めてCFRPをボディの基本骨格に採用し、バッテリーの重量を相殺する徹底的な軽量化を達成。優れたボディ剛性と乗員保護性能を実現し、低重心化による高い運動性能も特徴となっている。

新型の「i3」は、大容量バッテリーの搭載による航続距離の大幅な延長を果たした。JC08モードで従来モデルから70%アップとなる390kmを実現している。バッテリーの大容量化はエネルギー密度を高めることで達成されているため、サイズは同じで、室内スペースはいっさい犠牲になっていない。647ccの発電用エンジンを備えたレンジ・エクステンダー装備車では、航続可能距離は更に121km延長され、合計で511kmの走行が可能となっている。

内外装ではインテリアを一新。新たなインテリア・デザイン・パッケージとして「アトリエ」「ロッジ」も追加され、引き続き設定される「スイート」と合わせて3つのデザインラインを選択できる。エクステリアではボディカラーに個性的な「プロトニック・ブルー」が新たに採用された。これは従来、プラグイン・ハイブリッド・スポーツカー「i8」にのみ設定されていたカラーだ。

価格は、バッテリーの大容量化などを実施しながら499万円からとなる設定を維持。「i3 アトリエ」が499万円、「i3 ロッジ」が545万円、「i3 スイート」が560万円(いずれも税込)。レンジ・エクステンダー装備車はそれぞれ47万円(税込)アップとなる。

(山津正明)