家庭イベントでハロウィーンは定着したが… お金をかけず楽しむ傾向に

写真拡大

 今年もあと1カ月ほどでハロウィーンがやってくる。子供とおでかけ情報サイト「いこーよ」は、10月のハロウィーンを前に、0歳から9歳までの子どもを持つ全国の親701人を対象に「親子のハロウィーン事情」に関するアンケート調査を実施。それによると、ハロウィーンに関するイベントを行う家族が8割に達した。

 その中でも一番人気は「子どもの仮装」で、昨年を上回り半数以上の家庭で予定。ちなみに、今年から家族で何かしようと思っている人は約15%で、これに、ここ2〜3年でハロウィーンへの興味をもったという人が全体の約半分を占めるなど、ハロウィーンが完全に“市民権”を得るようになったのは最近といえそうだ。

 それでは、家族でイベントをするとして、その予算はいくらぐらいを考えているのだろう。ここ数年で、いたる所でハロウィーンに関連するグッズが売られているのを目にするようになったが、「0円」と「1円以上1,000円未満」が昨年より増加、全体でみると約3割の家庭でハロウィーンにかける予算は1,000円未満という結果だった。仮装するという人に衣装を購入する場所を聞くと、トップは100円ショップ。関心は高まりながらも、お金をかけないで楽しむというのが、家庭におけるハロウィーンのトレンドとなっている。

 さて、子どもの仮装のテーマ、今年の人気はというと・・・。男の子は「かぼちゃ、パンプキン」、「ドラキュラ、吸血鬼」、「海賊、船長」、女の子は「魔女」、「かぼちゃ、パンプキン」が上位に。100円ショップで購入するという家庭が多いだけに “定番”ものが目立つ。定番テーマ以外のものとしては、女の子では「アナと雪の女王」のアナやエルサをはじめとしたディズニーキャラクターが人気となっている。