【ゲーマー女子必見】ゲームとボルダリングが融合した新スポーツが楽しそう! 世界初 “拡張現実クライミング体験” ができるんだって♪

写真拡大

ゲーマー女子のみんなーっ! 日ごろの運動不足解消に、壁を登って汗を流す、ボルダリングなんていかがでしょうか。

とはいえこれから紹介するのは、ただのボルダリングではありません。ゲームとボルダリングをドッキングした、世界初の “拡張現実(AR)クライミング体験” ができるスポーツ、なんですっ!

【フィンランド発のスポーツです】

フィンランドのアールト大学のゲーム研究で考案された新スポーツの名は、「Augmented Climbing Wall」(拡張されたクライミングウォール)。

目の前にあるウォールは、巨大なタッチスクリーンになっています。

専用のビデオプロジェクターからゲーム・グラフィックスが投影されるので、あとはゲームの内容に沿って、壁をタッチしたり体勢を変えたり。楽しくゲームをしながら体を思いっきり動かせるので、一石二鳥なんですよね。

【どんなゲームができるの?】

光のビームでルートが壁に示されるので、プレイヤーはその指示にしたがって動いていきます。過去にたどったルートを記録しておくことも可能。この技術で、かつての自分と対決することができるのも、「Augmented Climbing Wall」の大きな魅力。

そのほかコウモリを叩いて倒していゲームや、迷路をたどっていくゲーム、球技のような対戦型ゲームなどいろんな遊び方ができるんですって。子供でもすぐにトライできるほど簡単らしいので、怖がる必要はなさそう。

【きっと日本でもウケると思う!】

製作チームには、コンピューターグラフィックやゲームデザイン、工業デザインの専門家がいるそうで、今後の発展にも期待大。

日本でも人気を博しており、2020年東京オリンピックの正式種目にも決定したボルダリングと、日本人が大好きなゲーム。

これら2つの要素が組み合わさった「Augmented Climbing Wall」が日本へ上陸を果たせば、注目を浴びそうですね♪

参照元:Augmented Climbing Wall、Facebook
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画・画像を見る