28日、鹿児島県志布志市がふるさと納税をPRするために公開した動画が中国や台湾で話題になっている。

写真拡大

2016年9月28日、鹿児島県志布志市がふるさと納税をPRするために公開した動画が中国や台湾で話題になっている。

動画では特産のウナギを水着姿の少女に擬人化し、少女がプールで泳ぎ生活する姿をウナギの養殖として表現している。「性差別だ」との批判が相次いだことから同市は26日に動画を削除したが、ネットでは依然として動画出回っており、中国や台湾のメディアも取り上げた。

この動画に関して中国のネットでは、「日本人はどうかしてる。少女を利用してオタクの消費を狙っているのか?」と批判する声も聞かれたが、少数派意見だった。「ふるさと納税に関しては中国人も見習うべき」「食べ物に対する深い愛がこもっている」と肯定的な意見がある一方で、「焼いて食べちゃうなんて、何か悲しい」「この動画を見た後でウナギを食べる気にはならないな」と面白おかしくとらえる反応が大多数だった。(翻訳・編集/内山)