宮城石巻でインドを満喫 スパイスチキンカレー教室

写真拡大 (全2枚)

 ラーメンとともに日本人が大好きなカレー。多彩なトッピングなど独自の展開を遂げている日本カレーだが、たっぷりのスパイスがきいた本家・インドカレーも人気だ。宮城県石巻市雄勝町の複合体験施設「モリウミアス」では9月19日、「カレーから始める国際理解」をテーマにしたカレー教室(ハウス食品グループ協賛)が開かれた。地元の5〜10歳の子どもたち16人が、インド出身のサニー・フランシスさんの指導で、本格的なインドカレー作りに初挑戦した。

 サニーさんは、カレーやインドの魅力をユーモアたっぷりに説明。カレーで使う珍しいスパイスも紹介した。参加した女の子はインドの民族衣装サリー、男の子はターバンを身に着ける貴重な体験もした。

 子どもたちが作ったインドカレーは、スパイスから作る本格的なチキンカレー。全員で力を合わせ、おいしいカレーに仕上げた。サニーさんからはインド料理の飲物「ラッシー」の作り方も教わった。カレーの食べ方もインドにならい手づかみ。最初戸惑っていた子どもたちもすぐなれ、巧みな手さばきできれいにカレーを平らげた。