写真提供:マイナビニュース

写真拡大

OKIは、920MHz帯無線を用いたIoT導入パッケージ「IoTファストキット」の販売を開始する。発売開始日は10月3日。

同パッケージはOKIが開発したIoTプラットフォームを基盤としたもの。試行後の本格導入への移行においては、用途に合わせた拡張やカスタマイズなどが容易で、大規模なシステムでも安全に利用することが可能となる。販売価格は23万円(税別)から。

製品の特徴のひとつは、長年培ってきた920MHz帯マルチホップ無線技術により、広範囲なネットワークが安価で構築可能であること。920MHz帯マルチホップ無線には2.4GHz帯無線のような干渉の恐れがなく、障害物を回り込みながら長い距離での通信が可能で、少ない機器でレイアウト変更などに柔軟な対応が行えるという。

さらに、センサーデータを集めてクラウドへ転送するゲートウェイ(以下、IoT-GW)の設定コストの大きさを解消し、専門知識がなくても、電源をONにするだけで簡単につながるネットワーク設定したことにより、設置期間短縮と設定コストの大幅削減が可能となり、「簡単かつ安価に“つながる”」状態を実現。ModbusRTUに準拠しているセンサーであれば、すべて接続できるとのこと。他にも、複数拠点での異なったデータの管理(見える化)、パスワードではなくデジタル認証によるセキュリティーの確保、ユーザー側の開発短縮を実現する柔軟性を持ったAPI(有償提供)も提供される。

構成内容は、照度センサー、CO2センサー、温湿度センサー、振動センサー、「920MHz帯マルチホップ無線ユニット」、IoT-GW各1式、「収集したデータの見える化のためのIoTプラットフォームをセットにしたソフトウェア」となっている(※振動センサーについては2016年11月提供開始予定で、以後、他のセンサーも順次提供検討中)。

同製品発売の背景として、製造業の設備稼働監視、運輸・流通業の物流管理、社会インフラの維持管理や防災などの各分野において、IoT化で収集できる膨大なデータを見える化・分析することにより課題を解決し、さらに新たな価値を生むサービスの創出に向けた取り組みが加速していることが挙げられる。

その一方で、IoTの導入は大きなIT投資コストを伴い、かつ運用課題も多いため、多くの企業ではなかなか導入に踏み切れないのが実態。具体的には、IoT機器の製品コストとネットワーク設定などの初期コストが高いこと、導入後の運用では情報漏洩や成りすましなどのセキュリティー脅威に対する不安があること、開発をともなうカスタマイズには時間も費用もかかるといった課題がある。同社によれば、このパッケージを用いることでこうした課題を解決し、「簡単・低コスト・短期間でのIoT試行導入が可能となる」という。