「人間と犬の関係」 が特別なものになる理由

写真拡大


執筆:Mocosuku編集部


「犬は人に付き、猫は家に付く」といわれますが、犬と人間の関係が特別なものになるのはなぜでしょうか。名犬ラッシーに忠犬ハチ公、犬はいつでも人間の良き友です。

学術誌『Animal Cognition』に発表された新しい調査によると、信頼ホルモンとも呼ばれるオキシトシンが関係しているそうです。
今回はメルボルンのモナッシュ大学で行われた研究をご紹介しましょう。

人間と犬の関係:飼い主の気持ちを読む


この研究では、75頭の犬にオキシトシンの点鼻薬を与えて、単純な仕事をこなす能力を調べました。オキシトシンはあらゆる哺乳類の脳から分泌されるホルモンで、信頼関係を深めるものです。

犬を二つのグループに分け、鼻にオキシトシンとただの食塩水をスプレーしたところ、前者のほうが与えられた作業をきちんとやりました。

犬の先祖は狼です。それが家畜となる過程には、このオキシトシンが大きな役割を果たしたのではないかと、研究者たちは推測しています。

犬と人間が触れ合うと、どちらの脳にもオキシトシンが分泌されます。すると、犬が飼い主の気持ちを理解する能力が高まるのです。

人間と犬の関係:犬と遊んで健康に


まだ研究の途中ですが、犬にはオキシトシンの受容体が多いのではないかと見られています。

猫は個体差が大きく、触れられることを嫌がる場合もありますが、犬はスキンシップを喜び、それによって飼い主との絆も深まります。

オキシトシンには血圧を下げ、心理的なストレスを減らすという効果もあります。愛犬と戯れることで、飼い主もペットもより健康になれるのかもしれません。

さらにオキシトシンには脳に社会的な習性を動機付けする効果もあります。遊んだ後、ちょっとした仕事を与えてみる、そんなことも楽しいですよね。海外の例では雪かきをする犬までいるのだとか。


この長い歴史のなかで、犬と人とはともに生きてきました。

その理由が徐々に科学的に解明されてきているのも嬉しいことです。いずれその全容が解明されたとき、人間と犬には一層強い絆を作ることができるようになるのでしょうね。


【参考】
『Dogs Do Love Their Owners: 'Love Hormone' Makes Dogs Man's Best Friend, Study Says』 http://abcnews.go.com/Health/dogs-love-owners-love-hormone-makes-dogs-mans/story?id=29731708