食がすすむ甘しょっぱさ。チーズやカレーと相性バツグン「赤トマトのチャツネ」

写真拡大 (全5枚)

果物や野菜をスパイスで煮詰めたインド料理「チャツネ」。

マンゴーのチャツネやバナナのチャツネなどは、万能ソースとして使われています。

そんなコクや深みのあるチャツネを今回は赤トマトで作ってみました。

『赤トマトのチャツネ』


材料




・赤トマト(4個)
・リンゴ(1個)
・三温糖(120g)
・リンゴ酢(200cc)
・シナモンスティック(少々)
・レモンの皮(1皮)
・クローブ(少々)
・フェンネルシード(小さじ1/2)
・カルダモン(少々)
・クミン(小さじ1/2)
・マスタードシード(小さじ1)
・タイム(少々)※パウダーの場合は小さじ1/2
・塩(少々)


作り方


STEP1




赤トマト、リンゴ、シナモンスティック、レモンの皮をざく切りにする。

すべての材料を鍋に入れ、中火で炒める。

STEP2




全体が柔らかくなったら火を止めて、煮沸消毒したビンに入れて完成。

ワンポイントアドバイス



・炒めると材料に火が通って焦げやすくなるのでよくかき混ぜてください。
・クローブ、カルダモンは炒めても硬いことが多いので、お好みで取りのぞいてください。




食べると口いっぱいにトマトとスパイスの味が広がり、毎回違った味が楽しめる赤トマトのチャツネ。カレーライスと一緒に食べたり、肉料理にもピッタリです。

オススメしたいのが食パンの上に赤トマトのチャツネとチーズをのせてトーストしたもの。

チーズとの相性が抜群なので、ぜひお試しください!