難病の長女衰弱死 大阪高裁が母親の無罪判決を破棄

ざっくり言うと

  • 大阪府で2014年、難病の長女を衰弱死させた罪に問われた母親の控訴審判決
  • 大阪高裁は28日、無罪とした裁判員裁判判決を破棄し審理を地裁に差し戻した
  • 裁判長は「母親は長女が要保護状態にあることを認識していた」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング