写真提供:マイナビニュース

写真拡大

季節は秋。次第に空気が澄んできて、
夜空に浮かぶ月もいっそう美しく見えてきます。
今週は、そんな月を眺めつつ、こねりが問答を仕掛けてきます。
「月は本当に空に浮かんでいるのか?」

仏教には「唯識」と言う世界観があります。
あらゆる存在は心(五感や無意識)が知覚した現象であるという考えで、
全ては移ろいつづける実体のないものであるという「空」の思想に繋がります。

「誰も月を見ていない時、月は本当に存在するのか?」
「誰もいない森で木が倒れたとしたら、
その時に音は鳴ったと言えるのだろうか?」
哲学の歴史の中でもこういった「知覚の外」にあるものの
存在についての議論が行われてきました。

また、中国禅の重要人物、慧能禅師は、
揺れている旗を見た2人の修行僧が「これは旗が動いているのだ」
「違う、風が動いているのだ」と言い争いをしている所に
「旗でも風でもなく、あなた達の心が動いているのです」
と説明したと言われています。

何かが「ある」と言うとき、
人は見たり触れたりして知覚しているものについて述べているか、
その体験を頭の中で思い出したりしています。
「月」「木」「旗」「動いている」と言った物事の区別も
人間の認識の範囲内で行われているものです。
また、自分の認識の外に出られない以上、
その外側で何が起こっているかは確認のしようがありません。

世界は心の中に知覚された現象である。
日常的な世界の捉え方とは異なった考え方のように思われますが、
それだけに発想を豊かにしてくれる世界観です。

VRやARといった技術が広がりを見せている時代、
「現実」はどのように捉えられるでしょうか。
「作られたものは作られたものにすぎない」
「知覚されている以上、作られたものも現実の一部だ」
色々な考え方ができると思います。

あらためて、自分や周りの人の体験している世界や
「現実」「存在」というものを観察してみると、
日常の見え方が少し変わってくるかもしれません。

■今回登場したのは、禅のぼさつが宿った「こねり」

■著者紹介

Jecy
イラストレーター。LINE Creators Marketにてオリジナルキャラクター「こむぎこをこねたもの」のLINEスタンプを発売し、人気を博す。「こむぎこをこねたもの その2」、「こむぎこをこねたもの その3」もリリース。そのほか、メルヘン・ファンタジーから科学・哲学まで様々な題材を描き、個人サイトにて発表中。

「週刊こむぎ」は毎週水曜更新予定です。

(Jecy)