実際に起こりがちな「ことわざ」ランキング 3位後悔先に立たず

写真拡大

「もう俺たちラブラブでさ〜」「(彼女浮気してっけどな)」「(知らぬが仏やで)」

普段の会話でことわざって使いますか?
ことわざは経験や知識を共有するために作られる言葉で、かなり長い時間を経て現在の形になっているものです。

必要な部分だけを簡潔に伝えるために簡単な単語をチョイスされる事が多く、ほとんどは他の出来事なんかに置き換えられていますね。
今回はそんなことわざの中でも特に「日常で実際に起こりがちなもの」を調査・ランキングにしてみましたので、ご覧下さい。

1位 類は友を呼ぶ
2位 二兎を追うものは一兎をも得ず
3位 後悔先に立たず
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は悪い意味で使われがちな「類は友を呼ぶ」!


似たような人が自然と集まってくる様を表した「類は友を呼ぶ」が堂々の1位に輝きました。
特に趣味などがそうですが、共通の項目を持った人が自然に集まりグループを成す時なんかに使われます。

皮肉に使われる事も多い言葉で、良い意味で使われる機会が比較的少なく、どちらかと言うと悪い意味で捉えられる事が多いように思います。
似たような言葉に「似た者夫婦」があり、集まった後さらに互いが似てくるという事も示唆されていますね。

2位は戒めとしてお馴染みの「二兎を追うものは一兎をも得ず」!


欲を出して同時に2つのことをうまくやろうとしてどちらも失敗する「二兎を追うものは一兎をも得ず」が2位にランク・イン。
できる人はできちゃうんでしょうが、1つずつ確実に終わらせた方が確実性も高く、両方失敗に終わる可能性も低い事が示唆されていますね。

3位は経験者も多いはず…「後悔先に立たず」!


悔やんでも悔やみきれない後悔を感じさせる「後悔先に立たず」が3位を獲得しました。
この言葉はよく間違って覚えられ、「後悔後に立たず」とか「後悔役に立たず」とか「後悔後を絶たず」なんて使われてたりしますね。

いかがでしたか?
筆者は30歳を迎えてから10位の「光陰矢の如し」を毎日のように感じております。

今回は「日常で実際に起こりがちなことわざランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜34位のランキング結果もぜひご覧ください!

(執筆:Hikaru Sano)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年8月26日〜2016年8月27日