めまぐるしい、あるいは代わり映えのしない日常に疲れた時、海外旅行は最高のインスピレーションになるはず。自分へのご褒美や恋人とのバケーションには、とびっきりラグジュアリーでロマンティックな旅を計画したいもの!

そこで今回は、116ヵ国を旅し、世界中のメディアで執筆するトラベルジャーナリスト・フォトグラファーであり、東京に観光業界のためのPR会社を持つロバート・マイケル・プールさんが、一生に一度は行くべきラグジュアリーな旅先を3つ厳選してくれました♡

1.ブータン

Crossing the bridge into #Punakha #Dzong #Bhutan #102 #travel #travelphotography

A photo posted by Robert Michael Poole (@robertmichaelpoole) on

「まさに日常を忘れさせてくれる時間が過ごせる場所だよ。歴史を感じさせる建物と今尚受け継がれる伝統的な雰囲気はあまりに美しくて、ため息が出るほど。山岳地域では、偶然にも僕のインスタグラムのフォロワーだったブータン人女性のカルマさんと出会い、キャンプファイヤーと伝統的な音楽が演奏される現地の宴に招かれたんだ。世界が繋がっているのは素晴らしいと実感した夜だったね」

ブータンにあるアマンのホテル、「アマンコラ」での滞在に、心が解きほぐされる。

パロの寺院の近くで。美しい民族衣装を着た人々に出会えた。

伝統的な建築と自然が調和した絶景が広がる。
2.ベリーズ

「"カリブ海の宝"と呼ばれるベリーズは、美しい海と珊瑚礁に囲まれた隠れ家のようなリゾート地。中央アメリカで唯一の英語圏でありながら、西部のジャングルには素晴らしいマヤ文明の遺跡が散在していて、ベリーズ最大の島アンバーグリス・キーの南にある『プラセンシア』には、ゆったりとした時間を過ごせるビーチが沢山あるんだ。飛行機をチャーターして、世界遺産のベリーズ・バリア・リーフ自然保護区へ赴き、グレートブルーホールと沈没船を空から眺めるアクティビティがオススメだよ」

「El Secreto Resort」のチャーミングなヴィラに滞在。

カラフルなビーチハウスが立ち並び、リラックスした雰囲気のビーチ。

飛行機で上から眺めた世界遺産のサンゴ礁。
3.モンゴル

「モンゴルは、上記2つの場所とは違った意味で"豊かさ"を感じさせてくれる場所だね。ゴビ砂漠では、何世紀にもわたって動物を飼いゲル(テント)で暮らす遊牧民の生活に触れたんだ。素晴らしい経験だったよ。地域のお祭りでは、モンゴルで愛されているアーチェリーやモンゴル相撲、乗馬が今も盛んに行われていたよ。彼らの、シンプルでありつつも自然に囲まれた美しい生活は、現代社会の中で忘れかけた大事なことを思い出させてくれるはず」

地元の人々で賑わうお祭りに参加。
行われていたアーチェリーはモンゴル三大スポーツの中の1つ。
遊牧民が暮らす移動式テント「ゲル」に実際に滞在。

贅沢なホテル、隠れ家のようなビーチ、現地の人たちとの交流。人気都市で高価なホテルのステイを楽しむのも優雅だけど、他ではできない経験や精神的な豊かさを感じられる場所こそラグジュアリーと呼べるのかも。自分らしい極上の旅を通して、忙しい日々の疲れをゆっくりと癒してみては。

ロバート・マイケル・プールさんの旅の様子はこちら