【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「松本亨の株式必勝学」

写真拡大

●ゲームはあくまでもゲームですからっ!


(画像:YouTubeより)


©イマジニア株式会社


「松本亨の株式必勝学」は1988年にイマジニア株式会社からファミリーコンピュータ版としてリリースされたシミュレーションゲームです。

※ちなみに松本亨さんとは1988年当時、株価予想を中心に人気を集めた経済評論家です。

ゲームの目的は、2年間で株式取引等をしながら100万円を1億円以上に増やすことです。株式や不動産、各種金融商品取引以外にも一般的な生活をしているサラリーマン投資家が主人公という設定なので日々の生活におけるトラブルも上手く対応しながらという感じで当時としては良く出来ていたゲームでした。

※やや難を言えば、株式の銘柄が東証1部の100銘柄限定で、ある程度の値動きのパターンが存在していたため、それを覚えるとかなり楽に攻略出来てしまうのですが…。まあ、ゲームですから。

このゲームで基本的な株式取引の構造が学習出来ますね。余談ですが、2016年現在ではオンラインゲームで株式取引シミュレーションのブラウザゲームがいくつか存在していますのでそちらで学習するのが良いと思われます。
●ゲームはあくまでもゲームですからっ!
2016年現在、「松本亨の株式必勝学」を含めた株式取引シミュレーションのゲームソフトは多数リリースされています。それらのゲームで100万円が1億円に増えたとしてもあくまでゲーム内のお話です。ゲームなので仮に失敗してもリセットすれば良いだけなので大した痛手は無いのですが、実際の株式取引は実際の現金等の資産が増減するのでリセットは使えません。

ゲームはあくまでもゲームですからっ!

でも基本的な株式取引を学習してから実際の株式取引をスタートするのには本作は良いかも知れませんが、1988年当時の経済事情を前提に制作されていますのでその辺のタイムラグがあることをお忘れなく。

 

【ライター:清水サーシャ Twitter(shimizuSasha)】

【関連記事リンク】
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ポンポコ」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ポケットピカチュウ」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「Dr.マリオ」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「桃太郎伝説」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「爆弾男」

▼外部リンク

松本亨の株式必勝学