デート成功率100%!彼に言いたいとっておきのフレーズ5つ(photo by sakkmesterke/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】大好きな彼氏や、想いを寄せている彼とのデート。いつだって彼に喜んでもらいたいですよね。そんなデートを成功させるためには、言葉が大切。そこで今回は、デート成功率を100%にするとっておきのフレーズをご紹介します。

【他の記事を見る】男性に聞いた「イイ女の条件」ベスト5

♥「会えてうれしいな!」


自分に会えることを、素直に喜んでくれる。

彼にとって、こんなにうれしいことはありません。

待ち合わせ場所で会えた時や、一緒に歩いていて腕を組む瞬間など、とびっきりの笑顔で彼の顔を見ながら言ってみましょう。

そのかわいさに、苦労してデートコースを考えたり、デート代を捻出したりしている彼も「こいつをもっと楽しませたい!」と思ってくれること間違いなしです。

別れ際には「今日は本当に楽しかった。ありがとね。また会える?」とダメ押し!

あなたのかわいさで胸がいっぱいになって、帰り道もずっと幸せな気分でいてくれますよ。

♥「やっぱり、かっこいいね」


デート中、ふとした瞬間に言いたい言葉。

車の運転をしてくれている時や、服装や髪型が決まっている時など「あ、かっこいい」と感じたら、すかさず口に出して彼を照れさせてしまいましょう。

よほど自分に自信のある人でもない限り、ほとんどの男性は「ちゃんと彼女と釣り合う男になれているかな?」「俺のこと、好きって思ってくれてるかな?」といった不安を抱えているもの。

それをはっきり肯定してもらうことで、男としてのプライドが満たされますよ。

♥「いつも一緒にいてくれてありがとう」


付き合いが長くなると、どうしてもお互いにマンネリとなり、隣にいてくれることに対する感謝の気持ちが薄れてしまいます。

しかし、たくさんいる人達の中で2人が出会って、今もずっと一緒にいられることは決して当たり前なんかじゃありません。

時には素直に感謝の気持ちを伝えて「あなたが必要」というメッセージを送りましょう。

そうすることで、彼のよそ見も防止できますよ。

♥「これ、おいしい!」


デートといえば、食事はつきもの。

しかし、どんなにおいしい店も何度も足を運んでいるうちに飽きてくるもので、彼は毎回「今日はどこに連れていこう…」と頭を悩ませています。

それなのに、彼女が不満げに「おいしくなぁ〜い」なんて口にしたら、がっかりさせてしまいますよね。

たとえあまり好みの味付けじゃなくても、彼の前では「おいしい!連れてきてくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝えましょう。

もちろん、それを鵜吞みにしてまた同じ店に連れていかれると困るので匙加減は必要ですが、「喜んでくれる→もっと喜ぶ顔が見たい」という展開につながっていくので、彼もますますおいしい店探しに励んでくれるようになりますよ。

♥「知らなかった!もっと教えて」


男性は、いつだって彼女に尊敬されたい生き物。

車のことや仕事のこと、今はまっている趣味のことなど、自分の得意分野について自慢げに語りたがる傾向があります。

彼女としては、自分が興味のない話を延々と聞かされればうんざりしてしまいますが、それを露骨に態度に出すのは禁物。

たとえ「つまらないな」と思っても相槌を入れながら真剣に聞いてあげてください。

また、男性は教えたがりでもあります。

彼女から「詳しいのね」「私にも教えてほしいな」なんて言われると、自尊心がくすぐられてたまらない気持ちに。

たとえすでに知っている話であっても、分からないふりをしておくのが賢いオンナのやり方です。

いかがでしたか?

どれも、女性から男性に伝えるセリフとしては定番中の定番ばかりですが、それはつまり、昔から多くの男性を実際にときめかせてきたという証拠。

デート中にタイミングよく使って、彼の恋愛ボルテージをぐっと上げていきましょう。

かわいく甘えられるオンナは大切にされるので、2人の仲もきっと長続きしますよ。(modelpress編集部)