疲れやすい、腰・肩・足が痛む… それは年齢のせいではありません!

写真拡大

以前よりも疲れやすくなった、常に腰や肩など体に痛みや不快感がある、動くのが億劫になってきた……でも、年をとれば仕方ないとあきらめているなら、大間違い!体の悩みが解消する、簡単な方法を紹介しましょう。

なぜ、運動嫌いの人、
必見のメソッドなのか?

 日頃の運動不足を気にしている人は多いと思いますが、ただ運動すればいいわけではないことも事実。
 たとえば、はりきってフィットネスジムに通うようになったら、かえって体のあちこちが痛くなったり、疲労が余計にたまって仕事の効率が悪くなったり……そんな経験をしたことはありませんか?

 あるいは、仕事のつきあいで休日にゴルフをはじめたものの、筋肉痛で仕事にならなかったり、膝や腰を痛めてしまったり、頑張ってジョギングしているのに、体型が少しも変わらなかったり……。

「思うように効果が上がらないのは、もう若くないから、運動神経が悪いから」と諦めてしまっていたとしたら、少し待ってください。運動することで、かえって体を痛めてしまったり、効果が得られなかったりするのには、はっきりした理由があります。

 それは、体を心地よく動かせていないから。
 面白いもので、私たちの体は「理にかなった動き」ができると、そこに心地よさを感じられるようにできています。運動すれば必ずしも体にいい、健康になる、というわけではないのです。

 私は陸上の短距離走者だった現役時代、フィジカルなトレーニングにとても熱心に取り組んできました。しかし、ケガが絶えず、筋力をつけたところで即パフォーマンスがアップしたわけではありません。現役引退後、そうした経験をもとに生み出した独自のメソッドが、これからご紹介する「骨ストレッチ」です。

 骨に着目していることからもわかるように、一般的なスポーツや体育で学ぶ体の使い方とは発想も方法も大きく異なっていますが、合理的な体の使い方が短期間でつかめるため、近年、体験する人が増えてきました。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)