27日、韓国・中央日報によると、韓国で28日、公務員などへの接待、金品の提供を規制する新法「金英蘭法」が施行される。資料写真。

写真拡大

2016年9月27日、韓国・中央日報によると、韓国で28日、公務員などへの接待、金品の提供を規制する新法「金英蘭法」が施行される。国際在線が伝えた。

同法は公務員、記者、私立学校の教員に対する接待も規制。対象は400万人に上るとみられる。食事による接待の上限は3万ウォン(約2700円)に設定。贈り物は5万ウォン(約4500円)、慶弔費は10万ウォン(約9000円)に制限する。韓国では高額の接待やプレゼントを贈る習慣があるが、これまでの一般的な水準に比べてかなり低い。

対象者が1回100万ウォン(約9万1000円)、年間300万ウォン(約27万3000円)を超える金品を同一人物から受け取った場合、双方に懲役刑または罰金が科される。国民権益委員会の成永薫委員長は「職務上のやり取りのあり方は当事者がよく分かっているはずだ。接待は受けず、各自が払うべきだ」と強調した。(翻訳・編集/大宮)