ドイツ東部で手製爆弾が相次いで爆発 当局が警戒態勢を強化

ざっくり言うと

  • ドイツ東部で26日に手製爆弾が相次いで爆発し地元当局が警戒態勢を強化した
  • 最初の爆発はモスクで発生し、わずか数分後に2発目が国際会議場で起きた
  • 警察によると、爆発でけがをした人はいないという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング