ドリッドとバルセロナのほぼ中間、エブロ川の両岸に広がる街サラゴサ。

日本人にはあまり馴染みの無い街かもしれないが、サラゴサはスペインのアラゴン州の州都であり、世界遺産も存在する。

こじんまりとしたサラゴサの街は旅行者にとってとても歩きやすく、町歩きをすることで2000年以上に渡って様々な文化によって形成されたこの街を感じることができるという、スペインに行ったら是非滞在しておきたい街の1つだ。

そんなサラゴサのハイライトといえばスペインバル巡り。

こじんまりとしたサラゴサの街にはたくさんのスペインバルが存在し、キノコのピンチョス専門店やイカとムール貝のピンチョス専門店など、他の街ではなかなか味わえないバルを、ハシゴする事ができる。

また街のインフォメーションには、たくさんのサラゴサのスペインバルの中からオススメのお店をピックアップした、バルだけのグルメガイドがあるほどなのだ。

そんな星の数ほどあるサラゴサのバルの中から、今回はスタイリッシュに美味しいタパスを味わえるお店をご紹介したい。

お店の名前は「ビロージャ・クアトロ(Birolla 4)」

・観光地からほど近いスペインバル&レストラン、それが「ビロージャ・クアトロ(Birolla 4)」
こちらのお店、聖母ピラール教会など、サラゴサ観光のハイライトが集まっているエリアから、徒歩でも歩いていけるレストラン&バル。

店内にはバーカウンターがあり、カウンターの前には寿司屋のようにショーケースがあり、その日の新鮮な魚介類などが並んでいるのだ。

何を注文しようか、そういう悩みすらも楽しめるお店が、こちらのお店なのだ。

・まずはスペインの生ビールで喉を潤す
新鮮な魚介類に目を奪われてしまうのだが、まずはスペインの樽生ビールで喉を潤して、来るべき美味しいスペインバルタイムに備えておきたい。

キンキンに冷えたスペインの樽生ビールは、芳醇な香りをたたえている。

グラスを傾けて喉を鳴らすと、その冷たい琥珀色の飲み物は何の抵抗も無く喉の奥へと吸い込まれていくのだ。

・オススメは「ボケロネス エン ビナグレ(Boquerones en Vinagre)」
そんな美味しいビールに合わせたいのが、「ボケロネス エン ビナグレ(Boquerones en Vinagre)」。

「ボケロネス エン ビナグレ(Boquerones en Vinagre)」とはイワシの酢漬け。

どのスペインバルにでもあるほどの定番のメニューだが、こちらのお店の「ボケロネス エン ビナグレ(Boquerones en Vinagre)」は氷を引いた皿の上に、イワシを並べ、さらに挽きたての黒こしょうをちらし、最後にウォッカーをかけたもの。

キンキンに冷えた酢漬けのイワシと黒こしょう、そしてウォッカの爽やかさが、食欲をさらに増幅させてくれる。

・もちろん他のものもウマい
もちろん他のどのメニューも美味しいものばかりだ。

例えば、今日届いたばかりの新鮮な貝を生ハムとバターとで炒めただけのシンプルな料理は、地中海の濃厚な味わいを感じられる逸品であるし、

タラの浮き袋をつかったアヒージョは、楽しい食感とともに、このお店特製の濃厚なアヒージョの味わいがたまらない。

そんな美味しいツマミをスペインの生ビールで流す、これこそサラゴサのバル巡りの真骨頂ではないだろうか。

もしスペイン、サラゴサを訪れるのであれば、町歩きとともに、バル巡りを楽しんでみてはいかがだろうか?

きっとそこには、マドリッドやバルセロナなどの大都市に負けない、地元の人々の陽気な歌声とおしゃべりで溢れた、最高のバルがあるに違いない。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 ビロージャ・クアトロ(Birolla 4)
住所 Calle Blason Aragones, 4
お店のfacebook https://www.facebook.com/Birolla4-749597485118927/