鳥獣戯画と戦国武将がドッキング! アニメ『戦国鳥獣戯画』10月よりスタート / 秀吉は猿、家康はタヌキ、信長は……?

写真拡大

みんな大好き「鳥獣戯画」の動物たちが、戦国武将になる!? 日本の歴史と鳥獣戯画の世界観をドッキングしたアニメ『戦国鳥獣戯画』が、2016年10月から始まるんだって!

誰もが知る歴史的な局面や何気ない日常、さまざまな場面における戦国武将たちの姿を描いたこのアニメ。KBC九州朝日放送では10月8日(土)深夜1時42分から、そのほかテレビ神奈川や千葉テレビ、テレビ埼玉などで放送されるほか、Abema TV などでも配信予定だそうですよ〜。

【あの武将たちを動物キャラが熱演】

待望の第1話のタイトルは、「見せたいもの」。こちらの回には、日本人なら誰もが知ってる3武将、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が登場するのですが……。演じているのはもちろん鳥獣戯画ちっくな動物たち!

秀吉を演じるのは猿、家康を演じるのはタヌキ。秀吉と家康はそれぞれの動物にたとえられていたわけですから、イメージとしてぴったり。だけど信長は、なぜかホトトギス。

個人的にはもっと、信長って激しいイメージなんだけどなぁ。だって後々、その気性を「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」と表現されたほどの人物ですよ? ちなみに公式サイトを見てみると、信長の説明には「有名な “鳴かぬなら〜” の句から、なんとなく」と書かれておりました。なんとなくって!

【森蘭丸も登場するみたい】

第1話の「見せたいもの」には3武将のほかに、鳥のような姿の森蘭丸や、イタリア人宣教師グネッキ・ソルディ・オルガンティノもカッパの姿になって出てくるよう。

どんなお話になるのか、キャラクターたちがどんな動きや表情をみせてくれるのか、今から楽しみで仕方がありませんっ

【早く観たいいいいい!!】

現在、YouTubeで番宣動画の第1弾が公開されているのですが、鳥獣戯画の世界観そのまんまでテンションが上がってしまうことウケアイ。番組がスタートするまで、番宣動画を見ながら首を長〜くして待ってます♪

参照元:KBC九州朝日放送、YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る