部屋に遊びに来た人が、思わず2度見してしまいそうなインパクト

写真拡大

「ネコノミクス」なんて言葉も生まれた空前の猫ブームの中、マトリョーシカな猫カレンダーなる不思議なものが誕生している。

【写真を見る】サプライズ感が楽しめるプレゼントとしても、役立つことうけあいだ

ご存じのとおり「マトリョーシカ」とは、入れ子状態で人形の中に人形、さらにその中にも人形が入っているのが特徴のロシアの民芸品。

このカレンダーも、外側の猫BOXを開けると、ひと回り小さい猫BOXが入っており、その中にもさらに小さい猫BOX……というサプライズ仕掛け。入れ子状態でセットされている猫は、全部で4匹。

大きな猫から順に、5カ月、4カ月、2カ月、1カ月分のカレンダーになっており、すべて並べると合計12カ月間のカレンダーに。最後のミニミニ猫カレンダーの中からは、魚の形をした付せんが「こんにちは」するというオチつき(笑)。

小さな猫を取り出すたびにまるで、何かと箱に入りたがる猫を「こらー」とズリズリ引きずり出すかのような感覚も楽しめるかも? 四角い割にはずいぶんリアル……と感じた人は、大当たり。本物のネコを撮影したデータが素材になっているそう。来年のカレンダーで可愛いものを検討しているなら、マトリョーシカな猫ファミリーを迎えてみるのはいかが? 【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】