豊洲市場の前身、東京ガスの工場用地に汚染物質が漏れ出した背景

ざっくり言うと

  • 豊洲市場の前身、東京ガスの工場用地は1955年に埋め立てられ翌年に稼働した
  • 「20年間、石炭を原料に都市ガスを製造し、ヒ素化合物を使用した」と識者
  • 08年の調査では、ベンゼンは1カ所から基準値の4万3000倍の濃度が検出された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング