英自動車MGはこのほど、ロングブリッジ工場での生産を正式に停止すると発表した。資料写真。

写真拡大

英自動車MGはこのほど、ロングブリッジ工場(バーミンガム州)での生産を正式に停止すると発表した。MGは2005年に中国企業に買収されており、今後は中国が唯一の生産拠点となる。

澎湃新聞が英メディアの報道として26日付で伝えたもので、前身のMGローバーは05年4月に経営破たんした。同年7月に中国・南京汽車がMGブランドを買収。その後、南京汽車は上海汽車集団の傘下に入り、同工場は上海汽車との連携のもとでMG3、MG6などのコンプリート・ノックダウン(CDK)生産を行っていた。

MG関係者は工場の操業停止について「ここ数年、業務量は激減していた。持続可能性を検討した上で停止を決断した」と説明、中国からの全面輸入を決めた理由としては「中国製の車両の質に満足しているため」と語っている。(提供/Bridge・編集/Asada)