元フジテレビアナウンサーの長谷川豊さんがブログで人工透析患者に向けて言った過激発言が「炎上」し、話題を呼んでいます。長谷川氏はJ-CASTニュースのインタビューで「本当に苦しんでいる人(先天的・遺伝的な原因の人)は別」としながらも、全国腎臓病協議会への謝罪は断固拒否。これに対し、メルマガ『上杉隆の「ニッポンの問題点」』の著者で元ジャーナリストの上杉隆さんは自身の経験を交えながら、長谷川氏に真っ向から反論しています。

人工透析は悪のシステムか?

『自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!』(長谷川豊氏)

驚くべきタイトルのコラムだ。表現の自由の保障されている日本では確かに許容される発言の範囲は大きい。たが「殺せ」という表現はどうなのか。どうにも穏やかではなく、許容範囲を超えているように思うのはわたしだけではないだろう。

きっと長谷川氏の言葉を知って、怒りを覚えたり、悲しみに襲われる患者や家族もいるだろうに…。想像力の欠如と言ってしまえばそれまでだが、他人の苦しみを感じることができないのだろうか。

実際、わたしもそうしたうちの一人だ。父は30代半ばに発症した腎臓病と戦い続け、60歳ちょうどで人生を終えた。その間、わたしを含む3人の子どもは15歳になるまで、東京都などからの公的な支援を受けることで大人になることができた。都知事選で「東京への恩返し」とわたしが言い続けたことはそのためである。

当時から人工透析は極めて高価な医療行為であった。父が、家族とともに過ごし、仕事を再開できたのも、人工透析があったからに他ならない。都営住宅への入居、医療費の負担などの公的な支援を受けながら、父は20年以上にわたって人工透析を受け続けて、一人の日本人として死んでいった。

1回6〜7時間。針を刺しっぱなしで血液を透析する。血管が弱っていくため、腕から脚、腹と針を打つ場所も変わる。カネだけの問題ではない。体力的にも精神的にも極めて辛い治療なのだ。

仮に、こうした公的に支えるシステムがなければ、人工透析患者の父はもちろん、母も、そして、わたしを含む3人の妹弟もこの世にいないだろう。実際、母は一度だけだが、「心中」を考え、海にまでわたしを連れて行っている。

「ニューズ・オプエド」にも出演した長谷川氏だが、今回のコラムはそのタイトルだけでも事実誤認と思われる箇所がいくつかある。

まず、人工透析患者が自業自得というのはどうなのか?当然のことながら、すべての腎臓病患者が不摂生をしていたわけではない。確かにわたしの父は不摂生の連続だったが、それだけが腎臓病の理由ではない(生来の内蔵疾患があった)。

そもそも、母は真面目に生きて来たし、わたしを含む幼いこどもたちも他人様に迷惑をかけるようなことはしていなかった。このように、医療システムは患者だけではなく、その家族も支えているのだ。

中には、大人ではなく幼き頃から腎臓を患っている者もいる。

わたしの小学校の同級生M君が腎臓の病を発症したのは幼稚園の頃だった。

治療のため、友だちとの遊びも制限され、小学校に上がってからも食事制限、またむくみによる痛みを抑えながら通院する姿は、同じ病気の父からしても同情の対象であったようだ。

「M君は元気か?」

自分の子どもも含めてこどもには関心の薄かった父だったが、M君に対してだけは違った。学校でのM君の様子を度々聞き、家に遊びにくる時も極めて優しかった。

別々の中学校に通うことになったM君とはその後、疎遠になった。数年後、成人式の会場で久しぶりに小学校の同級生たちと会い、すでにこの世にM君がいないことを知らされたときのショックは忘れられない。

病との戦いは患者にとっても家族にとっても辛いものだ。そうした者を救うのは国や政治の責任だとわたしは信じている。都知事選で訴えた通りだ。

そうした意味で、わたしは今回の長谷川氏のコラムには賛同しないのである。

image by: Shutterstock

 

『上杉隆の「ニッポンの問題点」』

「リテラシー」(情報を読み解く力)こそ、今最も必要なスキル。情報操作だらけの大手メディア報道では絶対伝えない情報を届ける『上杉隆の「ニッポンの問題点」』はリテラシー向上にピッタリのメルマガ。

≪無料サンプルはこちら≫

出典元:まぐまぐニュース!