最近、夏バテならぬ秋バテになる人が増えています。せっかく暑さが一段落したというのに、体がだるかったり集中力が途切れたりして、体調が優れない場面が重なること、ありませんか?

そんな秋バテになりやすい人がやっている、不調を悪化させてしまう行動とはどんなものでしょうか? お昼休みは、特に要注意ですよ。

■ドリンクは冷たい飲み物

日中は夏のような暑さになる日もまだ少なくないのが、今の季節。そんなときに、つい冷たい飲み物をチョイスしていないでしょうか?

冷えたドリンクをいつも飲んでいると体が冷えきってしまい、血行不良を起こしてしまいます。血の巡りの悪化は、あらゆる病の原因となってしまいますから、温かい飲み物か常温のものを飲むようにしましょう。

さらに夏場はビールなどのアルコールを飲む機会が多かったかもしれませんが、今時期は胃腸を休めて回復させるために、アルコール類も控えめにしておくのがよいでしょう。

■今もまだ麺類ばかり食べている

暑い季節は、そうめんやうどん、そば、冷やし中華といった食欲のないときでもツルッと食べれる麺類を選びがちです。熱中症を引き起こすほどの暑さのときは食欲も落ちるため、食べやすい麺類はおすすめですが、栄養の偏りが出てしまうという点で考えると、そろそろ控えるべき。

夏は高い気温のせいか、キッチンに立つのがめんどうになり手軽な料理ばかりになりがちです。しかし、それだと栄養がちゃんと摂れていない可能性があります。ですから、今は夏に不足してしまった栄養をカバーする季節。野菜や食物繊維などもしっかり摂れるよう、昼食でも栄養バランスを考えてメニューを選びたいものです。

■昼休みに外を出歩かない

暑いと体を動かすことが億劫になり、真夏は意外と運動量が減ってしまうものです。すると血行が悪くなったり、筋肉が弱ってしまったりして、健康への悪い影響が出てきてしまいます。

爽やかな季節になってきたら、昼休みはちょっと遠くのカフェまで出かけるなど、積極的に歩くようにしてみませんか。

近くのコンビニでごはんを買ってきて、スマホやPCを見ながらデスクで食べるなんて昼食スタイルは、秋バテ予防の面からもおすすめできません。

■上着やひざかけを使っていない

朝晩は過ごしやすくなってきても、日中のオフィスではまだまだ冷房を使っているところが多いのが今の季節。冷房で体が冷えすぎないように、上着やひざかけを使いましょう。もし、ランチに外食した店が冷房で寒かったとしても、上着を1枚持参していればすぐに羽織ることができ、冷える心配はありません。

食欲の秋、運動の秋など楽しいことが盛りだくさんの季節がやってくるのに、秋バテなんかにならないよう、これらの生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

一瞬で1日の疲れを解放!専門家が教える「入浴呼吸法」がスゴイ