仕事をしていく上で、「視野の広さ」って大切ですよね。

ひとつのことにとらわれて全体を見失うと、大きなミスにつながったり、チャンスを失ったりしてしまうこともあります。

そこで今回は、あなたの視野の広さを試す数字クイズをお届けします。

数字のひとつひとつを見るのではなく、大きく全体を見るように気をつけてみてください。

■穴あきマスに数字を入れるクイズ・問題編

さっそく問題です。ここに縦6マス、横6マス、合計36マスの正方形があります。

5・4・1(?)0・8

4・7・3・6・3・1

1・3・6・5・2・6

7・6・5・9・4・7

0・3・2・4・1・3

8・1・6・7・3・6

一番上の行の、右から3列目にある(?)に入る数字はいったい何でしょうか? 30秒以内に答えてください。

■穴あきマスに数字を入れるクイズ・解答編

……みなさん、答えはわかりましたか? ここで大ヒント。ポイントは右上と左下の数字が同じということ。

これで分かった人もいるのではないでしょうか?

答えはズバリ、「7」です。

左上の数字と右下に向かって線を入れて、数字が重なるように折ったとき、(?)に重なる数字は7になるということです。

よく見てみると、一番左の列の上から下に向かっての列「5・4・1・7・0・8」は、(?)の入っている一番上の行と同じ数字になっていますね。

左から二番目の列の二行目も同様に、縦と横が「7・3・6・3・1」と同じになっています。

また、一番下の行も、6から左と上に向かって「6・3・7・6・1・8」となっていて、斜め上に上がっても同じ数字が並んでいるのがわかります。

これは、ひとつひとつの数字に注目しているとなかなか答えが見えてこない問題です。30秒で解けた人は天才の視野の持ち主といえます。

そもそも天才と呼ばれる人は、物事を考えるとき、すぐに視点の高さを変えることができます。すると、ひとつの概念にとらわれなくなるため、凡人には見えないものが見えるのです。

そのため、天才は難しい課題もすぐに解決できるというわけです。この問題も、全体を大きく俯瞰していれば、すぐに数字の規則性に気づくことができたはず。

……とはいえ、答えがわからなかった人も落ち込む必要はありません。こうしたクイズで頭を柔らかくすると、視野も広がり、型にとらわれない発想ができます。ぜひ、過去のクイズ記事にも挑戦してみてください!

(文/平野鞠)

 

【参考】

※快活脳!思考の罠と脳の基礎知識

※老年若脳

※IQ脳.net

【クイズ】

※北村良子・・・パズル・クイズ作家。書籍の他、企業、新聞、TV番組、雑誌等向けに作成。著書は『大人のIQパズル』(彩図社)『60歳からのボケないための思い出しパズル』(永岡書店)他。お問い合わせはフォームからお願いします。