真田愛あふれる信州上田をぶらり日帰り旅

写真拡大 (全4枚)

日ごとに涼しくなる時期、信州上田へ日帰り旅に。新幹線が東京を出てトンネルを抜けると......風と雨で車窓はびしょ濡れ。それでもひと駅過ぎるごとに雨がおさまってきて、ほっとした頃に上田に到着しました。
上田駅から別所線に乗り下之郷駅まで15分。生島足島神社でお参りした後に、境内駐車場にある物産店で地元の青果を買って帰るのが楽しみのひとつです。あ! 店先のほおずきが橙色に染まっていて、秋の気配を感じました。

塩田町駅からシャトルバスで前山寺へ。鐘つき堂で寝転ぶ白猫の碧い目がとてもきれいで見入っていたら、テクテクと階段をおりてきて足元へスリスリ、愛らしい行動にほっこりしました。

つぎのバスを待つ間、かつての塩田城主(の奥方様? )になった気持ちで塩田平を見渡しながら、すううっと深呼吸。うーんと腕と背中を伸ばして、澄んだ空気をたっぷりからだに行き渡らせました。ああ、気持ちいい!

別所温泉駅で見かけた本棚には、帰りの新幹線で読みたい!と感じる魅惑的な本がズラリ。地元の方たちも真田一族の歴史を、とっても大切にされているんだなと感じました。
[生島足島神社,獨股山 前山寺,上田電鉄 別所線,信州の鎌倉シャトルバス]
あわせて読みたい
・人気のSUPを湖の上で。秋がはじめどきのアクティビティ
・自分の肌を知り高める美のスポット(Sponsored)
・ゆるやかランニングで叶える、心地よい自分再発見(Sponsored)

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。