ファッションデザイナー
矢内原充志による体験型展覧会
「FLOATING LIFE展 “浮世に着る服”」開催

2016.09.27


舞台衣装からキャリアをスタートし、アーティストやアートディレクターとしても活動する異色のファッションデザイナー・矢内原充志が、4シーズンぶりに新作を発表。横浜にある象の鼻テラスで、9月28日(水)から10月2日(日)まで、体験型展覧会「FLOATING LIFE展 “浮世に着る服”」を開催する。

ただ洋服をデザインするのではなく、ファッションが社会にできることを常に意識しているという矢内原氏が今回テーマとして掲げるのは「人の存在」。展示はフィッティングルームをモチーフにした体験型インスタレーションになっていて、「MITSUSHI YANAIHARA」の新作をまとった参加者は、「多視点」「変形・歪み」「時間」など、さまざまな観点からいつもと違う自分の姿を見ることができるという。

人は自分で自分を見る事はできないが、鏡や写真、映像などのメディアを使って自分という存在を確かめようとする。「不確かな自分という存在を洋服で固めることで、少しでも自由になれないだろうか」。矢内原氏のメッセージは、服と自己の関係に新たな気づきを与えてくれるかもしれない。

(Text:Yuki Motomura)

「FLOATING LIFE展 “浮世に着る服”」
会場:象の鼻テラス
期間:2016年9月28日(水)〜10月2日(日)
   11:00-18:00(最終日は17:00まで)
入場料:無料
http://www.zounohana.com/schedule/detail.php?article_id=570

外部サイト