3位石原さとみ「演技がうまい20代女優」脱ぎっぷりも絶賛の1位は

写真拡大

芸能の世界では、次から次へと新しい人材が登場しますよね。顔やスタイルがいいだけじゃない、本格的な演技派女優も続々と現れています。では、今一番演技がうまいと思われている人は誰なのでしょうか?

そこで今回は『VenusTap』が全国の男女500人に対して、20代の演技派女優をリストアップ。その上で「最も演技がうまいと感じる人は?」とアンケートを実施しました。選ばれた上位の女優陣をランキング形式でご紹介しますので、ぜひともチェックしてみてください。

■第5位:二階堂ふみ(32票)

園子温監督の映画『ヒミズ』では、第68回ベネチア国際映画祭の新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を獲得。さらに、映画『私の男』では、第38回日本アカデミー賞優秀主演女優賞に選ばれています。

「雰囲気がある女優だと思う。泣く演技が最高!」、「可愛さと大胆な演技が好き。若いのに“人間の闇”を表現する演技に圧倒される」といった声を集めました。

しかし意外にも役作りは「特にしない」と、『スポニチアネックス』のインタビューで明かしています。

そんな二階堂ふみは、幼い頃より、映画好きの母の影響で膨大な数の映画を見て育ち、映画女優を志したそう。憧れの女優は、『二十四の瞳』など数々の名作に主演した大女優・高峰秀子。

若い世代にはピンとこないかもしれませんが、日本映画が黄金期だったと言われる白黒映画の時代に国内外の映画賞を多数受賞した名女優のひとりです。

そんな名優たちの演技の記憶が、二階堂ふみの引き出しにいっぱい詰まっているのかもしれませんね。

■第4位:高畑充希(34票)

子どものころから舞台女優を目指していた高畑充希は、舞台や芸能事務所のオーディションを受けて数十回も落ちた過去があるそう。

しかし2005年、中学在学中にホリプロ創業45年を記念した舞台『山口百恵トリビュートミュージカル プレイバック part2 〜屋上の天使』のオーディションで9,621人の中から主演の座を獲得。デビューを果たします。

最近の代表作は、やはり朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(NHK総合)。「目の演技が素晴らしくて惹きつけられる」、「舞台調の演技でオーバーという声もあるけど、上手」といった声が上がりました。

2007年からの6年間は、ミュージカル『ピーターパン』で8代目ピーターパンを務めるなど、デビューからずっと舞台で経験を積んできた高畑充希。そうした経験こそが、高い演技力の秘密かもしれませんね。

■第3位:石原さとみ(39票)

“あざと可愛い”女優の代名詞のように言われ、外見が評価されがちな石原さとみですが、その演技力を評価する声も多いよう。

過去に行われたさまざまなインタビュー記事を読むと、役作りにはかなり熱心に取り組んでいることが分かります。

例えば、映画『進撃の巨人』ではアニメ版の声優に細かく取材をして役を組み立てたそう。また、場合によっては役作りのために他の出演者とあえて距離を置くケースもあるそうです。

「『進撃の巨人』では、石原さとみが一番シゴトしてた」、「ぶりっこ演技と言われるのは、役のせい。表情の作り方がうまいと思う」といった称賛の声が集まりました。

どうしても見た目の可愛らしさが注目されがちですが、売れっ子になる理由には、演技に対する真摯な姿勢があるからと言えそうです。

■第2位:井上真央(41票)

主演映画『八日目の蝉』では、第35回日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を獲得するなど、着実に演技派女優の道を歩んでいる井上真央。

恋愛関係が噂される嵐の松本潤と共演したドラマ『花より団子』(TBS系)、映画『花より男子ファイナル』も話題になりましたね。

「いつも表情に惹きつけられる。セリフも生き生きとしていると思う」、「太陽みたいな笑顔が印象的だけど、子役時代から演技力も高い!」といった声を多数集めました。

そんな井上真央は、明治大学の文学部演劇学専攻で、卒論には世界の巨匠・小津安二郎監督や黒澤明監督の作品などにも登場した昭和の大女優・杉村春子を取り上げるほどの芝居好きなのだとか。

第5位の二階堂ふみ同様、偉大な先輩女優を目標に日々仕事に取り組んでいるからこそ、見事な演技ができるのかもしれませんね。

■第1位:沢尻エリカ(46票)

栄えある第1位には、沢尻エリカが選ばれました。

映画の舞台挨拶で「別に」と発言したあの事件以来、世間から大バッシングを受けていた時代もありましたが、映画『パッチギ!』、『ヘルタースケルター』、ドラマ『1リットルの涙』(フジテレビ系)など代表作も多数。

『パッチギ!』では第29回日本アカデミー賞の新人俳優賞、『ヘルタースケルター』では第36回日本アカデミー賞の優秀主演女優賞などを獲得しています。

「『ヘルタースケルター』でバストを惜しげもなく露わにする女優魂がすごかった」、「若手の中では存在感が違う」など、かなりの高評価。

そんな沢尻エリカについて、共演経験のある綾野剛が『Yahoo! Japan映画』のインタビューで、「現場で徹底して役に入り込むため、共演者すら戸惑う瞬間がある」と明かしています。共演した映画『新宿スワン』では、新宿・歌舞伎町の路上をけがを気にせず素足で走るシーンの沢尻エリカの全力ぶりを絶賛していました。

そうした役に没頭する姿勢が、圧倒的な演技を生んでいるのかもしれませんね。

以上、最も演技がうまいと感じる20代の女優をランキング形式で紹介しました。

ちなみに6位は黒木華(30票)、7位は有村架純(28票)が選ばれていました。皆さんのお気に入りの若手女優はランクインしていましたか?

【画像】

※ TOKYO, JAPAN - April 2: Actress Satomi Ishihara attends bTV program press conference on April 2, 2015 in Tokyo, Japan. (Photo by Sports Nippon/Getty Images)

※ TOKYO, JAPAN - MARCH 08:  Actress Erika Sawajiri attends the 36th Japan Academy Prize Award Ceremony at Grand Prince Hotel Shin Takanawa on March 8, 2013 in Tokyo, Japan.  (Photo by Koki Nagahama/Getty Images)