(C)「武曲 MUKOKU」製作委員会

写真拡大

綾野剛主演×熊切和嘉監督で村上虹郎が共演し、1998年に「ブエノスアイレス午前零時」で第119回芥川賞に輝いた作家・藤沢周の「武曲」が映画化されることがわかった。

綾野剛が初ニューヨーク。映画祭授賞式に登壇し英語でスピーチ!

本作は、古都・鎌倉を舞台にした「師匠と弟子」「父と子」の物語。主人公の矢田部研吾(やたべ・けんご)は、剣道五段の腕前を持ちながら、ある出来事がきっかけで、駅ビルの警備員をしながらアルコール漬けの自堕落な毎日を送っている。母は既に亡く、かつて「殺人剣の使い手」と言われた父・将造は病院で植物人間状態だ。

そんな彼の前に、天衣無縫の高校生・ 羽田融(はだ・とおる)が現れる。ラップの作詞に夢中なこの高校生に、研吾は父と同じ「天性の剣士」を見る。剣道八段の僧侶、光邑師範の教えにより、人間として、剣士としての精進を積んでいく2人は、やがて対決する運命になっていく。綾野が主人公の矢田部研吾役を、高校生の羽田融役を村上が演じる。

本作主演に綾野は「熊切組に参加させて頂くこと、大変光栄です。念願でしたから。『また必ず熊切組の現場に立ちたい』と『夏の終り』を経て今日まで、その気持ちは揺らがず、秘めた確信として心に宿していました」とコメント。矢田部研吾という役については「師であると同時に『父』という輪郭に苛まれながら、彼はどう自身の生を取り戻し、生き直すのか。九死を想い、一生を諦めた『武曲』が織り成す、愛と再生の物語。熊切組のために、何者にでもなり、何者にでも無くなる。その覚悟を胸に、私は今日まで培った全ての感情を注ぎ尽くします」と語っている。

一方、村上は「デビュー当時から熱望していた熊切組への参加、本当に嬉しいオフ ァーでした。融という役は、もし他の方が演じていたら絶対に嫉妬する役、それくらい掻き立てられるものがありました」とコメント。演じた羽田融について「(綾野さん演じる)矢田部研吾にライバル心を持つ融は、主人公に想いを寄せるという意味では、この作品の中で“ヒロイン”だと思っています。原作を読んだ時、(『武曲』というタイトルにあるように)“武士”と“音楽”が混ざるとき、“侍の文化”と“現代人の感覚”がどう折り重なるか、を描いているところが好きだったのですが、そんな原作を超えていけるような映画にしたいです」と述べている。

『武曲 MUKOKU』は現在、鎌倉市にて撮影中。2017年公開予定となっている。