第2回日本人気ブランド展示会が9月24日、東京・秋葉原で開かれ、有名化粧品ブランドの資生堂を含むメーカー30社近くが出展した。

写真拡大

第2回日本人気ブランド展示会が9月24日、東京・秋葉原で開かれ、有名化粧品ブランドの資生堂を含むメーカー30社近くが出展した。人民網が伝えた。

【その他の写真】

主催者によると、今回の展示会に見学に来たのはすべて在日華僑で、来場者数は1500人以上となったという。同展示会では商品販売以外にも、参加した在日華僑の口コミによって、中国人訪日客の間でこれらの商品やサービスに対する認知度を上げるという大きな目的がある。

同展示会では多くの出展エリアに人が集まった。来場者には女性が多かったので、化粧品などの女性用商品の出展エリアは人波でごった返すほどだったが、一方の宝飾品の出展エリアは閑散としていて、商品に関心を示す人の数も少なかった。このことからも現在の中国人訪日客が買い求めるものが変化してきていることがわかる。彼らが買い求めるものは、以前の家電や宝飾品から、今では化粧品や日用品にシフトしてきている。

また、同展示会には有名なブロガーが特別ゲストとして招かれ、来場者たちにメイクや購入代行に関する経験を紹介していた。同展示会は今年3月の開催に続き今回で2回目。今後は毎年2回開催されるという。(提供/人民網日本語版・編集YK)