【飲んだら宿題するな】女子大生が酔っぱらって課題を提出! 超〜恥ずかしいコトを書いて猛烈に後悔しちゃった件

写真拡大

‟飲んだら乗るな。乗るなら飲むな” という飲酒運転撲滅を訴えるスローガンがあるが、「飲んだら宿題するな」との言葉を付け加えた方が良いかもしれない。

というのも、酔っぱらって課題を提出した女子大生が、穴があったら入りたくなるような、超〜恥ずかしいコトを書いて猛烈に後悔しているというのである! 落第間違いナシの課題の内容が、ネットで大きな笑いを誘っているので紹介したいと思う。

・女子大生が酔っぱらって課題を提出したら……

国籍不詳の女子大生マッケーナ・クラークさんは、刑事司法の課題を提出しなければならなかったのに、ギリギリまで手を付けなかったのだという。しかも、課題の締切り前日に友人と飲みに出かけて、ヘベレケになって帰宅してしまったのだ。

そして、酔っぱらって脳ミソが全く機能していない時に、せっせと課題のレポートを書いて、教授に送信するという過ちを犯したのである!!

・超〜恥ずかしい内容を書いて教授に送信!!

その後、二日酔いのまま目を覚ましたマッケーナさんは、自分のパソコンを開いてビックリ仰天! レポートを書いて送信した記憶など全くないのに、しっかりと課題を済ませているではないか。ところが、その内容があまりにも支離滅裂すぎて、愕然としてしまったのだ! 以下は、彼女が教授に送信した課題の内容をまとめたものである。

「電車でのキスはロマンチックなので、違法にするべきです。グラムス教授、私の名前はマッケーナ。ドクター・ペッパーを飲んでイイ感じ。教授の課題は難しすぎて、今は手がつけられません。電車でのキスは安全基準違反です。どういたしまして。愛を」

刑事司法の課題なので、一応 ‟違法にすべきだと思うこと” を綴っているはいるが、まず、落第点を付けられることは間違いないだろう。

・課題のツイートの ‟いいね!” が10万件越えに!

今のところ、教授から課題についてメールの返信はないようだが、どんな反応が返って来るのか興味深々である。イタ〜い失敗を犯してしまったマッケーナさんだが、彼女が投稿した課題のツイートは ‟いいね!” が10万件越えとなり、ネットで大きな笑いを巻き起こしているようだ。

かなり恥ずかしい内容のレポートではあるが、教授の悪口を書いていなかったのが、せめてもの救いではないだろうか。この件に懲りたはずの彼女は、これからは、酔っていない時に早めに課題を済ませるようになるに違いない。

参照元:Twitter ‏‏@krueger_kaylee、METRO(英語)
執筆:Nekolas

関連ツイートはこちら