写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフーは27日、同社の新オフィスを特設サイトで公開した。

サービス開始から20周年を迎えた同社は、港区赤坂から千代田区紀尾井町へと本社の移転を図っており、全従業員を対象に働き方改革を実行すべく、様々な施策を行っている。

検証を重ねジグザクに机を配置するフリーアドレスや社外者も利用できるコワーキングスペース「LODGE(ロッジ)」、栄養バランスを考えたメニューで朝、昼、晩の食事提供が可能な社食「BASE」、エネルギーを補給するカフェ「CAMP」など多彩な実践。公開された特設サイトでは、これらの様子の一部がうかがえる。受付・来客エリアやコワーキングスペース、役員フロアなどは、360度の写真で上・下・左・右と動かせる。

同社では「チーフ・コンディショニング・オフィサー(以下、CCO)」を9月1日に新設、代表取締役社長執行役員 最高経営責任者の宮坂学氏自らが就任しており、10月からは通勤時間が2時間以上かかる従業員を対象に、新幹線代を含む通勤交通費を会社が負担するという「新幹線通勤」の導入も行う。これにより趣味はもちろん、介護など家庭の事情を抱える人も仕事以外の生活を考慮したライフスタイルが可能になる。

今後は、スマートフォンから取得できる歩数や歩行距離、上った階段といったデータを活用し、運動量が多い従業員にTポイントの付与、社員食堂BASEで注文したメニューやカロリーを従業員向け専用サイトで閲覧できるようにする「健康増進プログラム」なども予定しているという。

(長岡弥太郎)