朝霞市の誘拐事件 少女が供述書で「親の顔も分からなくなった」

ざっくり言うと

  • 埼玉県朝霞市であった少女誘拐事件の初公判が27日にあった
  • 検察側は、「両親の顔も分からなくなってきた」という少女の供述書を朗読
  • 「涙も出なくなり、嬉しいとか悲しいとか思うことがなくなった」とつづった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング