野菜をふんだんに使った、ご飯が進む2品!/調理=吉岡英尋 撮影=竹内章雄

写真拡大

何かと忙しい夕方。10分でメインおかずともう1品が作れたら助かることも多いのでは? 2品の作り方を合体させて、時系列で作業の流れがわかる作り方でご紹介。あとは温かいご飯があれば、満足できる一食が完成! ぜひ試してみて。

豚肉は3等分に切って火の通りを早く/調理=吉岡英尋 撮影=竹内章雄

<材料・2人分>(1人分467kcal、塩分2.6g) 

■「豚となすの梅だれ焼き」

豚ロースしょうが焼き用肉6枚(約200g)、なす1個、グリーンアスパラガス2本、青じそ3枚、梅だれ(梅肉<たたいたもの>大さじ1/2〜1、酒・みりん各大さじ2、しょうゆ大さじ1)、サラダ油、

■「枝豆みそおかか」

枝豆(さやつき)100g、大根おろし30g、削りがつお1袋(5g)、塩、みそ

<作り方>

(1)鍋に湯を沸かし、塩と枝豆を入れて約3分ゆでる。

(2)ゆでている間に、なすは1cm幅の斜め切りにする。アスパラガスは根元を少し落とし、かたい部分は皮むき器でむいて長さを4等分に切る。豚肉は3等分に切る。1をざるにあけ、粗熱をとる。

(3)フライパンに油大さじ2を熱し、豚肉となすを並べ入れる。肉に焼き色がついたら、肉となすの上下を返して1〜2分炒める。アスパラガスを加えてさらに1〜2分炒め、梅だれを回しかけてさっと炒める。器に盛り、しそを粗くちぎって散らす。

(4)枝豆をさやから出してボウルに入れ、みそ小さじ1、削りがつおを加えて混ぜる。大根おろしの汁けをきって加え、あえる。

※「豚となすの梅だれ焼き」:カロリー1人分417kcal、塩分1人分2.1g /「枝豆みそおかか」:カロリー1人分50kcal、塩分1人分0.5g 【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】