写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ラックとアイビーシーは27日、両社の持つソリューションの強みを連携、促進させる提携を行うことを発表した。

ラックが販売するアプリケーションパフォーマンス管理(APM)ソリューション「Dynatrace」において、アイビーシーと販売協業を行う。「Dynatrace」は、個別サーバの監視に加え、特許技術"PurePath Technology"によるすべてのユーザートランザクションの追跡・調査技術を搭載、ユーザー環境、アプリーション、インフラパフォーマンスと問題点を詳細に抽出しビジネスインフラの障害やパフォーマンス管理を行える。

また、アイビーシーは自社開発のネットワークインフラ性能監視ツール「System Answer」シリーズを展開しており、マルチベンダー環境で構成されたネットワークとインフラの統合的な性能管理を実現させる。Dynatraceで収集した情報をSystem Answerシリーズと連携させることで、ネットワークやインフラ性能情報とアプリケーションパフォーマンスを横断的に可視化できるようになり、複雑化するシステム全体の統合監視が可能になる。

(長岡弥太郎)