写真提供:マイナビニュース

写真拡大

PwCあらた有限責任監査法人とPwCコンサルティング合同会社は9月27日、Salesforce Shield向けに、クラウドリスク管理のためのログモニタリング活用支援サービスの提供を開始した。

セールスフォース・ドットコムが提供するアプリ向け暗号化ソフト「Salesforce Shield」では、アプリケーションの利用状況を詳細に把握できるイベントモニタリング機能を提供している。

今回提供するサービスは、その「Salesforce Shield」のイベントモニタリング機能を利用して、アプリケーションの利用状況を詳細に把握できる体制構築を支援するほか、ログ収集、兆候検知の精度、効率を高めることで、業務の可視化や運用負荷の軽減も目指すもの。また、2社が有するログ管理やリスク分析シナリオのナレッジを応用することで、業績パフォーマンス分析などへ展開することも可能になる。

具体的には、Salesforceログの利用を中心とした、リスク管理体制・分析シナリオ・運用業務フローなど、ログ管理の仕組み強化を支援。また、体制・シナリオ・運用業務フローを要件として、Salesforce Shieldを使った分析実行環境の構築サービスも提供する。

(山本明日美)