写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ヤマト運輸は9月27日、北海道のバス会社3社(名士バス、士別軌道、十勝バス)において、過疎化や高齢化が進む中山間地域におけるバス路線網の維持と物流の効率化による地域住民の生活サービス向上を目的として、路線バス4路線(恩根内線・下川線・朝日線・帯広陸別線)で「客貨混載」を開始すると発表した。

これらの路線では、座席の一部を荷台スペースにしたバスを運行。各バスの営業所で宅急便を路線バスに積み込み、バス停留所でヤマト運輸のセールスドライバーに荷物を引き渡す。

これにより、ヤマト運輸のトラックの走行距離が1日約60km削減され、CO2排出量の低減につながるほか、バス会社にとっては、路線バスの空きスペースで宅急便を輸送することで、バス路線の生産性が向上し、バス路線網の維持につながる新たな収入源を確保することができる。