radiko、過去1週間のラジオ番組をいつでも聴ける「タイムフリー聴取機能」を追加。10月11日から

写真拡大

radikoは10月11日の正午頃から、radiko.jpに新機能『タイムフリー聴取』を追加する実証実験を開始します。本機能はラジオ番組放送から1週間に限り、後からいつでも聞き直せる機能。1番組ごとに3時間の聴取が可能です。聴取中は早送りや早戻し、一時停止などの再生コントロールも行えます。『タイムフリー聴取機能』は、過去1週間に放送したラジオ番組をいつでも聴取できる機能。無料・非登録で利用できますが、1番組につき3時間という制限時間が設けられ、番組を再生した瞬間から3時間が経過するまでの間、聴取できます。

なお、特定のタレント出演番組やスポーツ中継など権利上の問題で、一部聴取できない番組があり、各放送局の編成判断によって番組の配信を停止する場合もあるとしています。

新たなラジオ文化を実現


民放連ラジオ委員会は、本機能を活用した新たな聴取文化「シェアラジオ」を推進。。radiko.jpの聴取画面にシェアボタンを設置し、友人とシェアしたい時に押すと、SNSを通じてそのラジオ番組を共有できるようになります。

シェアラジオの特別番組として、10月11日正午〜17日まで「サントリー天然水 presents 宇多田ヒカルのファントーム・アワー」を民放連加盟ラジオ101局で放送します。この番組では、宇多田ヒカル本人が番組内で流れる曲やBGMを自ら制作。新アルバム「Fantôme」について紹介する内容となっています。