写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ワークスモバイルジャパンは、ビジネス版LINE「Works Mobile」サービスにおいて、チャットbot開発を可能にする「Works Mobile Bot API Platform」ベータ版サービスの提供を9月27日より開始すると発表した。

「Works Mobile Bot API Platform」は、Works Mobile の利用ユーザーと対話型コミュニケーションを可能にするチャットbotを開発するためのAPIで、特定のユーザーを指定してのメッセージ送信も可能。

同社では本サービスを利用することで、営業日報の管理や店舗の在庫確認、災害発生時のスタッフへの緊急連絡などをチャットbot化することが可能としている。

ベータ版の利用に事前登録は不要で、Works Mobileの利用者であれば追加費用無しで試すことができる。