写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アマナグループは、同社が運営するストックフォトサービス「アマナイメージズ」において、超小型衛星「ほどよし1号機」が撮影した衛星画像の取り扱いを、9月26日より開始することを発表した。「AXELSPACE(アクセルスペース)」のブランド名称で展開され、オーダーメイドによる衛星画像の撮影や利用も可能となる。

今回の発表は、アマナグループが、KDDIが運営するスタートアップアクセラレーションプログラム「KDDI ∞ Labo」を通じて、超小型衛星等を活用したソリューションの提案や設計、製造、打ち上げアレンジメント、運用支援、超小型衛星が取得したデータに関する事業を行う企業「アクセルスペース」をサポートする一環として行われた。

また、「ほどよし1号機」は、東京大学・次世代宇宙システム技術研究組合とアクセルスペースとが共同で開発し、2014年に打ち上げられた超小型衛星で、この取り組みでは、地上分解能約6.7m、撮影幅約28km、約1週間で地球を周回し撮影した画像が試験的に販売されるという。

画像形式はJPG画像のほか、プロユース向けにTIFF画像も取り扱う。さらに、ユーザーのリクエストに応じて「ほどよし1号機」で衛星画像を撮影するオーダーメイド型の画像も提供されるということだ。撮影可能エリアは緯度経度により指定するすべての陸地で、撮影幅は28kmとしている。

なお、画像の提供形態はライツマネージド。入手方法や価格等は、アマナイメージズのカスタマーサポートへ問い合わせのこと。

(早川厚志)